シラネ精工佐野社長「情熱」と「挑戦」

有限会社シラネ精工は2019年で創業31年を迎えました。
1988年に3人の女性で設立、翌年の1989年に法人に改組し有限会社シラネ精工をスタートさせ、当初はカセットデッキの組立会社として、モノづくりを「縁の下の力持ち」の如く支えてきました。
現在は、2017年5月に私が代表取締役として就任し、日々様々な小さな壁、大きな壁にぶち当たりながら、最大の敵である自分自身と戦い、少しずつ己の限界を超え会社経営の難しさ、楽しさを共に感じています。
今まで多くの皆様に助けていただき、支えていただきながら、素晴らしい従業員48名と素晴らしいパートナー会社様との連携を強化し、世の中の変化に対応すべく、創業以来培った技術、ノウハウ、そして新しい分野へ経営理念の「情熱」と「挑戦」をもとに成長しております。
企業理念に「人々の暮らし、豊かな心を追求し、未来ある社会へ」を掲げ、今の現状に甘んじることなく、お客様のニーズを的確に捉え、近年自動化が加速しAIやIOTなど時代の変化が目まぐるしく、激動の時代ですが先見の目を持って変化に対応できるよう、日々着実にそしてスピードを持ち合わせ、踵はつけ背伸びをしながら一歩一歩階段を昇っていく事を楽しみ、座右の銘の『一念通天』を心中に、お客様から「シラネ精工に任せれば安心だ」と言われ続ける会社にしていく事で、従業員とその家族、携わる人々の暮らしをより良い明るい未来へと導いていく事が私の使命と感じております。
近年では世代交代を行い、ベテランから若手へと着実に技術継承を行っており、未来ある企業へとより一層邁進していきたいと考えております。

人々の暮らしと豊かな心を追求し、未来ある社会へ。

人々への『情熱』未来への『挑戦』をベースに
『信頼』『誠実』そして『感謝』。
ありがとうと喜ばれる経営をします。

いい人をつくり、いいモノを提供する。